入社1年目、
最前線を知る現場研修

Introduction

入社後約2年間はグループの主要ホテルでサービスの基礎を体感して習得します。現在グランドニッコー東京 台場で研修中の2021年度入社社員は、将来、ホテルのマネジメントに携わっていくうえで、現場体験からどのようなことを感じ、得ているのでしょうか。

Member

プロフィール画像1

岩崎 裕里Yuri Iwasaki

グランドニッコー東京 台場

宿泊部フロント課

プロフィール画像2

池田 賢史Kenshi Ikeda

グランドニッコー東京 台場

宿泊部フロント課

プロフィール画像3

沢 栞里Shiori Sawa

グランドニッコー東京 台場

宿泊部フロント課

プロフィール画像4

彦田 成瑠海Narumi Hikota

グランドニッコー東京 台場

宿泊部フロント課

Movie動画インタビュー

研修生個々の動画をご覧いただけます。
下のインデックスボタンからご選択ください。

Scheduleある1日のスケジュール

料飲部

スケジュール1

宿泊部

スケジュール1
  1. Q.どのような学生時代を過ごしましたか。
  2. Q.入社動機を教えてください。
  3. Q.1年目の現場研修の感想や印象に残っていることは何ですか。
  4. Q.今後の目標を教えてください。
Q.どのような学生時代を過ごしましたか。

岩崎

中国の大学へ留学しました。留学前、中国語はあまり話せませんでしたが、猛勉強してHSK(注:中国語検定の一種)6級を取得しました。また旅行が好きなので、長期休みの度にアルバイトでお金を貯め、海外旅行をしていました。

池田

外国の少年合唱団に所属していたこともあり、趣味で音楽活動を続けていました。

インタビュー画像1 インタビュー画像2

イベント企画サークルに所属しさまざまなイベントを企画、実施していました。一方で、TOEICに繰り返し挑戦し、最終的に高得点を取得しました。

彦田

大学時代、スペインへ留学しました。東欧や中欧などヨーロッパを周遊し、貴重な経験となりました。

Q.入社動機を教えてください。

岩崎

就職活動中、「日本を海外に発信したい」という思いをもっていました。当社であれば、国内外のホテルを通して日本のおもてなしを海外の方に感じていただける、また、身に付けた英語、中国語を生かせる機会が多くあると思い、入社を決めました。

池田

当初は、少年時代を過ごした国に拠点を持っている商社などを受けていましたが、縁あって当社と出会い、事業や仕事内容を知って興味をもちました。

インタビュー画像3 インタビュー画像4

高校生の頃から家族旅行などで利用するホテルの非日常的な空間に憧れをもっていて、ホテル業界で働きたいと思っていました。業界研究を通して「ホテル運営」に特化したビジネスを知り、マネジメントに興味をもちました。中でも、現場研修の充実度、グループホテル数、ブランド数、展開地域の幅広さに魅力を感じて当社を志望しました。

彦田

就職活動では、「国際協力」というキーワードを大切にしていました。コンサルティング力やマネジメント力も身につけたいと考えていたので、運営に特化した業態の当社に関心をもちました。オークラグループのホテルを過去に何度か利用し、質の高いサービスを実感していたことも少なからず影響していると思います。

Q.1年目の現場研修の感想や印象に残っていることは何ですか。

岩崎

オリンピック期間中に海外のお客さまと英語や中国語、韓国語でコミュニケーションを取り、感謝されたことがとても嬉しかったです。また、宿泊部での勤務時、レストラン予約で困っていたお客さまをサポートできたときは、料飲部での研修の成果を実感しました。

池田

現場研修を通して、ホテルは宿泊だけではなく宴会やレストランなどさまざまな機能をもっていることを実感しています。お客さまからの「ありがとう」という一言や、喜んでいらっしゃる姿を見ると嬉しく、やりがいを感じます。

インタビュー画像5 インタビュー画像6

ハウスキーピング課で研修をしていた際、インスペクション(客室最終チェック)のコンテストで良い結果を残せたことが嬉しかったです。また、フロントサービスでは、クリスマスから年末年始の繁忙期は多忙を極めましたが、濃密な経験となりました。

彦田

以前に接客したお客さまから名前を覚えていただけたことがあり、とても嬉しかったです。また、多くの部署を経験しているため、人手が不足する場合ヘルプに駆け付けることもありますが、「救世主!」と歓迎されるので仕事にハリが出ます。

Q.今後の目標を教えてください。

岩崎

日本を海外に発信していく、という軸は変わっていないので、将来は海外ホテルの新規開業や海外運営部で仕事をしたいと考えています。そのために、この研修中に現場の方が何を考え、どのように動いているのか、ホテルはどのように機能しているのかなどを学んでいきたいと思います。語学力もさらにスキルアップしたいと考えています。

池田

現場研修期間にホテルの仕事の大変さややりがいを理解し、本部でマネジメントを学び、将来は海外で活躍できるように自分を磨いていきたいです。

インタビュー画像7 インタビュー画像8

現場研修の期間中に多くのことを吸収し学びたいと考えています。現場での勤務は、自分のやりたいことやホテルに対する考え方に大きく影響しており、もともと目指していた新規開業業務に加え、ホテルの現場におけるESにも取り組んでみたいです。

彦田

本部での支援系の仕事に興味があります。現場の問題点を本社に持ち帰ることが研修の第一目的と言われていますので、自分なりの問題意識をもって研修に取り組み、現場の環境改善、ES向上につなげたいです。将来は会社全体を見る力を養い、管理部門でマネジメントのエキスパートを目指したいと考えています。