2020年度新卒採用情報

グローバルホテルオペレーターというビジネス ~運営受託方式~

2012/11/30

グローバルホテルオペレーターというビジネス ~運営受託方式~

世界標準モデル 運営受託方式

「所有」と「運営」を分離する、というビジネスモデル

運営受託方式の優位性

ホテルのビジネスモデルは大きく分けて2通りあります。ひとつは「運営受託方式」、もうひとつは「直営方式」です。株式会社オークラニッコーホテルマネジメントは前者に特化した事業展開を行っており、オークラホテルズ&リゾーツ、ニッコー・ホテルズ・インターナショナル、ホテルJALシティの3つのホテルブランドを運営するホテルオークラグループのホテル運営会社です。

さてこの2つの形式、それぞれどんな特徴があるのでしょうか。

直営方式

まず直営方式ですが、その名の通り土地や建物等の資産を保有し、かつ自前でホテルを経営する方法です。つまり、企業もしくは個人などの事業主が直接ホテルの土地建物を所有し、ホテルの経営、運営に携わるビジネスモデルです。

これに対し運営受託方式とは、ホテルの土地や建物等の資産を保有せず、『運営』のみに特化したビジネスモデルのことを称しています。『所有』と『運営』を分離することにより、オーナー様にとってはホテル運営のリスクから解放され安心して資産を運用することができますし、運営会社にとってはホテル開発に絡む土地買収や莫大な建設コストを負担することなく、比較的短期間でホテル展開を実現することができるというメリットがあります。

運営受託方式

運営受託方式は、世界のトップブランドも採用する、まさに『世界標準のビジネスモデル』です。オークラニッコーホテルマネジメントは、こうした世界的な潮流に乗る『日本発のグローバルホテルオペレーター』です。

当社の特長をさらに挙げれば、オークラ ホテルズ & リゾーツ、ニッコー・ホテルズ・インターナショナル、ホテルJALシティという3つのブランドを有しているという点です。ブランドごとでコンセプトが違いますので、当然佇まい、規模、立地、サービルレベル、顧客層も異なります。それらを上手にハンドリングしていくことで、総体として安定した経営が実現します。