My motivation

お客様のために何ができるか、考え、行動したら喜びが連鎖して自分も嬉しくなる。そんな好循環を実現したい。

Profileプロフィール

  • 本部
  • 運営支援本部
    運営企画部
  • 加藤 綾子Ayako Kato
  • 2015年転籍
    (グループホテルより)

Movie動画インタビュー

人材育成、組織開発を通して「人の心に残る」仕事を創造しています。

  1. 何のために仕事をするか考えた就職活動
  2. 自ら考え、自ら行動する人&組織を創る
  3. スタッフの喜び、成長が素晴らしいホテルを創る
何のために仕事をするか考えた就職活動

就職活動のとき「人の心に残る仕事をしたい」という想いがあり、ホテル業界を選びました。何のために仕事をするのかを考えたとき、周りの人の心に「何か」を残したいと思い、ホテルであれば素敵な思い出、幸せな時間、空間を提供できる、そのことに魅力を感じました。本部へ転籍後は運営支援本部で、前職でも経験のあるウエディング部門の担当になりました。グループホテルのウエディング部門のスタッフ研修、業務システム支援、戦略策定など多面的な支援を行ってきました。さまざまなグループホテルがあり、マーケットやポジショニング、お客様からの期待も異なるなか、市場や時代によって「変えるべきこと」「変えてはいけないこと」があることを学びました。

インタビュー画像1
自ら考え、自ら行動する人&組織を創る

現在は、「Origin8」というグループホテルの人材育成・組織開発の仕組みを推進する業務を担当しています。Origin8の理念は、自ら考え、自ら行動する人&組織を創ること。お客様のために何ができるかを考え行動することで、CS(顧客満足度)が向上し、お客様に喜んでいただく成功体験からES(従業員満足度)も向上します。その結果として、PL(収益)も向上するという好循環が生まれます。具体的には、Origin8のもとで示されている8つの行動指針の徹底、スタッフ間で良い仕事に対してGood job!カードを送る「Good job!プログラム」、職場の問題をスタッフで改善、解決していく「サークル活動」を柱に取り組んでいます。 インタビュー画像2

スタッフの喜び、成長が素晴らしいホテルを創る

研修や一緒に取り組んだ施策を通して、ホテルのスタッフの目の輝きや、発言内容が変わったと感じるとき、大きな達成感があります。また、そのスタッフがホテル内でインフルエンサーとなり、周りのスタッフを巻き込みながら組織が活性化していくことを見られるのも大きな喜びです。良いホテルは、そこで働くスタッフの喜び、成長なくして創ることができません。私は運営支援という立場で、現場でのサービス提供者ではありませんが、人材育成、組織開発を通して「人の心に残る仕事」を創造することに関わっていられることを感謝しています。

インタビュー画像3